【MT4インジケータ】フィボナッチを自動で表示

【MT4インジケータ】フィボナッチを自動表示

今回ご紹介するインジケータは、テクニカル指標のZigZagで表示した高値・安値に、フィボナッチリトレースメントを自動で引くインジケータをご紹介します

このインジケータは、ZigZagで自動で高値、安値を判定し、その直近の高値、安値を基準にフィボナッチリトレースメントを引いてくれる便利なインジケータです。

ZigZagとは

そもそも、ZigZagって何って人も多そうですね。
「ジグザグ」ってなんか適当そうな名前ですが、実はすごいインジケータなんです。

高値、安値を自動で判定してくれて、客観的にトレンドの状態も把握できる優れたインジケータなんです。

また、初心者の頃って、トレンドの状態を把握するのに苦労しますよね?
これならインジケータが客観的高値・安値を判定してくれるので、トレンド判定の練習になると思います。

フィボナッチとは

学生時代に数学で勉強したので、名前ぐらいは知ってるよって方多いんじゃないでしょうか?

実はこのフィボナッチ数列。

FXトレードで、反転ポイントを見極める上でとっても重要な数列なんです。

以下のように、価格が高値、安値を付けた値(0%地点)から、38.2%、61.8%、100%のポイントで反発する可能性が非常に高いんです。

【最近の考察】

一時期は、フィボナッチのポイントで逆張りするシステムをトレードに組み入れたりもしてましたが、最近の検証では“ADX”と”ストキャスティクス”で底を判断する方が精度が高いです。

詳細なパラメータ設定は言えないですが、”ADX”と”ストキャスティクス”のみで大底を判断するサインツールを作った結果がこちらです。

 

インジケータの使い方

MT4チャート画面

上のMT4チャートのキャプチャ画像だと、直近最高値からの反転ポイントを0点、直近最安値を100%にして、自動でフィボナッチが描かれているのがわかります。

パラメータ入力画面

変数 初期値 解説
ExtDepth 12 数値を大きくすると山、谷の表示も大きなものになり、小さくすれば山、谷も細かく表示される
ExtDeviation 5 山、谷の転換率
ExtBackstep 3 反転するのに判断する期間


ダウンロードはこちらから

 

ZigZag_Fiboを応用したEA

直近の山・谷を判断する『ZigZag』と、反転の目途を探る『フィボナッチ』を使ってトレンドの押し目買いEAを作成してみました。

最初、単一時間軸だけでEAを作成したのですが、トレンド転換時に大きなドローダウンが発生していました。

そこで、上位時間軸のトレンド判定フィルターを入れることで、執行時間軸のトレンド転換時のドローダウンをかなり抑えることができて、なかなか成績の良いEAを作成できました。

⇒EAの詳細はコチラ

 


年率282%EA無料配布中!



リアル口座で運用中のEAを100名限定で無料配布しています。
本日(2019年7月14日)までのリアルトレードの運用成績も掲載しておきます。

【EAの特徴】
①勝率99%
②ポジション保有中もスワップポイントが受け取れる
③破産確率が低い


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です